コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

か【佳】

[名・形動]よいこと。すぐれていること。美しいこと。また、そのさま。「味すこぶるなり」「夕方の景色もまたである」

か【佳】[漢字項目]

常用漢字] [音](慣) [訓]よい
姿形が整って美しい。「佳境佳景佳人佳麗絶佳
すぐれている。りっぱな。「佳句佳作佳品
時機がちょうどよい。めでたい。「佳日佳辰(かしん)佳節
[名のり]よし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

か【佳】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
すぐれてよいこと。美しいこと。また、そのさま。 「眺望-なり/福翁自伝 諭吉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

佳の関連キーワードRESCUE/特別高度救助隊diamond dustおれんじ屋のきぬ子さんオナカの大きな王子さまシクラメンのかほりまだ乾かない油絵にアナザー修学旅行中村佳山(2代)わたしの姑ばなれあばれ医者嵐山阿弥陀堂だより山野十右衛門ちゃっきり節アンソロジーかけおち通り流れるならたのしいね俺たちの旅加計呂麻島徳大寺実維

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佳の関連情報