(読み)カ

デジタル大辞泉の解説

か【佳】

[名・形動]よいこと。すぐれていること。美しいこと。また、そのさま。「味すこぶるなり」「夕方の景色もまたである」

か【佳】[漢字項目]

常用漢字] [音](慣) [訓]よい
姿形が整って美しい。「佳境佳景佳人佳麗絶佳
すぐれている。りっぱな。「佳句佳作佳品
時機がちょうどよい。めでたい。「佳日佳辰(かしん)佳節
[名のり]よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

か【佳】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
すぐれてよいこと。美しいこと。また、そのさま。 「眺望-なり/福翁自伝 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か【佳】

〘名〙 (形動) すぐれていること。よいこと。美しいこと。また、そのさま。
中華若木詩抄(1520頃)中「とりわけ、春の時分、風景佳なるぞ」 〔陶潜‐飲酒二十首詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佳の関連情報