妙境(読み)ミョウキョウ

大辞林 第三版の解説

みょうきょう【妙境】

風光のすぐれた土地。
学問・技芸などの絶妙の境地。佳境。妙所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐きょう メウキャウ【妙境】

〘名〙
① 景色のすぐれた地。
日本風景論(1894)〈志賀重昂〉九「自然の妙境は赤道線傍近に纏綿せざるなり」 〔王僧孺‐答釈法雲啓〕
② はなはだ快い心境。仏法によりさとり得たはればれした境地や、芸術、技芸などのすばらしい境地。佳境妙所
※雑談集(1305)一「初心の禅師は、三宝の妙境(メウキャウ)を軽くし、真言の行儀を咲(わら)ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android