供御院(読み)クゴイン

世界大百科事典 第2版の解説

くごいん【供御院】

大炊(おおい)寮の中に置かれた倉院。畿内官田の稲を納め,これを天皇・中宮・東宮の飯料に充てた。《西宮記》には,史生(ししよう)をもって(あずかり)としたとあるが,1002年(長保4)官人代磯部広信が物部光保に代わって預職に補任されて以来(《朝野群載》),磯部氏の世襲となる。延久の新政以後,大炊寮の下に御稲田(みいねだ)が設定され,御稲田供御人が成立すると,磯部氏も供御院預職として,河内国石河東条郡ならびに佐備の御稲田,山城国栗御園などを,代々相伝するようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐご‐いん ‥ヰン【供御院】

〘名〙 中古、宮内省大炊寮(おおいりょう)に属し、畿内の料地から収納した稲穀を取り扱った役所。供御および中宮、東宮の御料にした。〔西宮記(969頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android