御料(読み)ごりょう

精選版 日本国語大辞典「御料」の解説

ご‐りょう ‥レウ【御料】

〘名〙 (「ご」は接頭語)
① 天皇や貴顕の人が所有、または、使用するもの。主として、衣服、飲食物、器物などについていう。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「女の御れうに、うちぎ一かさね、はかま、こうちぎ〈略〉袋に入れて持たせて」
② 天皇、貴顕の人、あるいは寺社に付属する所領をいう。
※東南院文書‐天平神護二年(766)一二月五日・伊賀国司解「伊賀国司解 申撿定東大寺田并地事〈略〉十五町九段廿九歩 不空羂索菩薩御料」
③ 寺社の供物(くもつ)を敬っていう語。
※今昔(1120頃か)二八「先づ其達(そこたち)の御(ごれう)に墓无(はかな)き当飯をだに否不参せぬにて押し量り給へ」
④ 「ごりょうしょ(御料所)③」の略。
随筆・折たく柴の記(1716頃)中「御料すべて四百万石、歳々に納めらるる所の金は凡(およ)そ七十六七万両余」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御料」の解説

ご‐りょう〔‐レウ〕【御料】

天皇や貴人が使用する物。衣服・器物・飲食物など。
御料地」「御料所」の略。
御料人」の略。→御寮人ごりょうにん
寺社の供物。
天皇・院に関する「ため」の意の尊称。
「初めの日は先帝の―、次の日は母后ははきさきの御ため」〈・賢木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「御料」の解説

御料
ごりょう

大日本帝国憲法下での皇室財産。そのうち特に御料所のみを御料と呼んだこともある。世伝御料と普通御料に分れ,前者は不融通物である。民法商法および付属法令は,皇室典範および皇室令別段の定めがないときに限り,御料に準用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の御料の言及

【幕藩体制】より

…こうして,公儀,身分制,鎖国,賤民制は連動してほぼ同じ時期に成立した。
[支配機構]
 幕藩体制の下では,一部の寺社・朝廷領を別とすれば全国の土地,人民は御料,私領に区分された。御料は幕府直轄領(天領)であり,佐渡,足尾,石見などの主要鉱山や,大坂,京都,江戸,長崎などの主要都市もその中に含まれていた。…

※「御料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android