コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅総合保険 じゅうたくそうごうほけんall risks dwelling house insurance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住宅総合保険
じゅうたくそうごうほけん
all risks dwelling house insurance

各種危険を総合的に填補する火災保険一種。住宅および小店舗住宅 (特定の併用住宅) ,またはそれらに収容されている家財対象に火災,落雷,破裂・爆発,外部からの物体落下飛来衝突倒壊建物内の給排水設備に生じた事故による水濡れ騒擾労働争議に伴う暴力行為もしくは破壊行為,盗難などによる損害,これら事故の際の臨時費用,残存物取りかたづけ費用,搬出家財の損傷,傷害費用,風水雪害・地震による損害などに対して保険金が給付される保険。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうたくそうごう‐ほけん〔ヂユウタクソウガフ‐〕【住宅総合保険】

火災・落雷など火災保険の対象になる損害に加え、自動車飛び込み航空機墜落など建物の外からの物体の落下・飛来・衝突、盗難、水災、騒擾による損害などを塡補する目的の保険。住居専用の建物と、その建物に収容される家財が保険の対象となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

住宅総合保険【じゅうたくそうごうほけん】

住宅とその収容家財についての火災保険に加えて,いくつかの他の危険による損害担保を1枚の保険証券で総合して行う保険。日本では1961年から発売。落雷,爆発,盗難,車両の衝突,航空機の墜落,風水害による全損等の危険も担保し,住居喪失保険金,傷害保険金も支払う。
→関連項目新種保険

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

じゅうたくそうごうほけん【住宅総合保険】

住宅用の一般的な火災保険の一種。建物や家財の焼失のほか、盗難や風水害などの損害に対して総合的に補償するもの。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住宅総合保険
じゅうたくそうごうほけん

火災保険の一種。総合保険は、1枚の保険証券で火災のほかに多くの危険を担保するもので、保険の対象が住宅または家財である総合保険を住宅総合保険という。日本では1961年(昭和36)1月から発売されており、従来の普通火災保険にかわって家計保険分野の中心となってきている。この保険の対象となる物件は、建物またはそこに収容されている家財である。支払われる保険金には、損害保険金、持ち出し家財保険金、水害保険金、臨時費用保険金、残存物取片づけ費用保険金、失火見舞費用保険金、傷害費用保険金および地震火災費用保険金がある。[坂口光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

住宅総合保険の関連キーワード三井住友海上火災保険(株)積立しあわせ家庭保険定額払積立家庭保険積立特約セット商品積立生活総合保険日産火災海上保険建物更新総合保険満期戻総合保険長期総合保険店舗総合保険価額協定保険火災相互保険風水害保険新価保険団地保険盗難保険地震保険

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android