コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全損 ゼンソン

4件 の用語解説(全損の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐そん【全損】

全面的に損失となること。まるぞん。
損害保険で、保険の目的物の全部が滅失した場合などの損害。保険金額の全額が填補(てんぽ)される。→分損(ぶんそん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損害保険用語集の解説

全損

次のような場合をいいます。(1)損傷が著しく現在の修理技術水準では原状回復ができない場合(物理的全損) (2)原状回復は可能であるが修理費用が時価を超えてしまう場合(経済的全損)

出典|自動車保険・医療保険のソニー損保
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

全損

保険の目的の完全な滅失または修繕、回収等の費用が保険価額を超えるような場合のことを指します。換言すれば、保険金額全額の支払を要するような損害が全損です。全損は現実全損絶対全損ともいう)と経済的全損(海上保険の場合は推定全損)に分類されます。これに至らない損害を分損といいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぜんそん【全損】

すべての損失となること。まるぞん。
海上保険の目的物である船舶あるいは積み荷が、沈没などにより全部が失われるか、原状に戻すことが不可能の状態になること。絶対全損と推定全損がある。保険金の全額が支払われる。 ↔ 分損

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の全損の言及

【海損】より

… なお,海上保険においては,保険の目的が海上危険によりこうむる損害を海損という。そしてこれには,全損total lossと分損partial lossがあり(全損・分損),全損は,現実全損actual total loss(事実的全損)と推定全損constructive total loss(解釈全損)とに分かれる。推定全損の場合は,現実には,いまだ全損を生じていないけれども,被保険者が保険の目的を保険者に委付することによって,保険金額の全部を請求することができる(商法833条)。…

※「全損」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

全損の関連キーワード新価保険推定全損地区率現実全損保険の目的の譲渡全損のみ担保船舶修繕保険船舶修繕者工事保険経済的全損保険の目的

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全損の関連情報