全損(読み)ゼンソン

デジタル大辞泉の解説

全面的に損失となること。まるぞん。
損害保険で、保険の目的物の全部が滅失した場合などの損害。保険金額の全額が支払われる。→分損(ぶんそん)
地震保険の損害区分の一つ。居住用建物の主要構造部(壁・柱・床・梁(はり)・屋根・階段)の損害額がその建物の時価の50パーセント以上、または、焼失もしくは流失した部分の床面積が延べ床面積の70パーセント以上となった場合、および、生活用動産(家財)の損害額が家財全体の時価の80パーセント以上となった場合をいう。保険金額の全額が支払われる。→半損大半損小半損一部損

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

保険の目的の完全な滅失または修繕回収等の費用が保険価額を超えるような場合のことを指します。換言すれば、保険金額全額の支払を要するような損害が全損です。全損は現実全損(絶対全損ともいう)と経済的全損(海上保険の場合は推定全損)に分類されます。これに至らない損害を分損といいます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

すべての損失となること。まるぞん。
海上保険の目的物である船舶あるいは積み荷が、沈没などにより全部が失われるか、原状に戻すことが不可能の状態になること。絶対全損と推定全損がある。保険金の全額が支払われる。 ⇔ 分損

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 全部の損失となること。まるぞん。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「朝に仕入れて夕に売れざれば立どころに全損を蒙る可し」
② 海上保険の目的物としての船体あるいは積み荷が全くその形体を滅失し、また、形体はあっても技術的に原状に回復することが不可能な状態になること。この場合、保険者により保険金全額が填補される。全損と推定全損とがある。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の全損の言及

【海損】より

… なお,海上保険においては,保険の目的が海上危険によりこうむる損害を海損という。そしてこれには,全損total lossと分損partial lossがあり(全損・分損),全損は,現実全損actual total loss(事実的全損)と推定全損constructive total loss(解釈全損)とに分かれる。推定全損の場合は,現実には,いまだ全損を生じていないけれども,被保険者が保険の目的を保険者に委付することによって,保険金額の全部を請求することができる(商法833条)。…

※「全損」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全損の関連情報