保人[日本](読み)ほにん[にほん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保人[日本]
ほにん[にほん]

日本の律令時代,財産の売買,出挙などの際の保証人。養老の「雑令」は利息付き消費貸借の場合のみ,保人の責任を定め,債務者逃亡の場合に,債務の代償を命じている。そして,保人の責任は,『令義解』においてさらに拡張され,債務者死亡の場合もこれに準ぜられることになった。したがって,保人は今日の保証人に類似するが,その本質は異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android