コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保呂 ほろ

4件 の用語解説(保呂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保呂
ほろ

母衣とも書く。武士が装飾を兼ねて流れ矢を防ぐために用いた武装の際の補助具。馬に乗った武士が鎧の背から長い布をなびかせるようにした懸 (かけ) 保呂 (平安時代末期) ,風にふくらんだ形にみせるために籠を布で包んだ保呂指物 (室町時代) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほろ【保呂】

保呂羽(ほろば)」の略。
「―の風切(かざぎり)矧(は)いだる矢負はせて」〈平家・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほろ【保呂】

鎧(よろい)の背にかけて流れ矢を防ぎ,あるいは装飾にした袋状の布。〈母衣〉〈保侶〉とも書き,保呂衣(ほろぎぬ),懸保呂(かけぼろ),保呂指物(ほろさしもの),矢保呂の別がある。保呂衣は戦袍(せんぽう)であり,《三代実録》には870年(貞観12)に調布をもって保呂衣1000領を調製したことが伝えられている。懸保呂は騎兵の鎧の背にかけて長く引く幅広の布のことで,平安時代の末ころから用いられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほろ【保呂】

「保呂羽ほろば」の略。 「 -の風切りはいだる矢負はせて/平家 4

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保呂の関連キーワード馬鎧背旗逸れ矢流れ矢母衣武者鎧・甲鎧武者黒母衣矢防ぎ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保呂の関連情報