コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調布 チョウフ

6件 の用語解説(調布の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ふ〔テウ‐〕【調布】

租税の一つとして官に納める手織りの麻布。つきぬの。たづくり。
粗末な衣服。
小麦粉・卵黄などを用いて薄く焼いた皮で求肥(ぎゅうひ)を包んだ菓子。
「身には―の帷(かたびら)、濯ぎけむ世も知らず朽ちたる」〈今昔・一五・一五〉

ちょうふ【調布】[地名]

東京都中部の市。名は、古代、麻が栽培され、多摩川の水にさらして布を織り、調(税)としたことによる。もと甲州街道の宿場町。深大寺(じんだいじ)神代植物公園がある。人口22.4万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

調布

岡山の名物菓子。小麦粉に卵や砂糖を加えて焼いた皮で求肥を巻いたもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうふ【調布】

調として官に納める手織の布。つきのぬの。ちょうのぬの。
転じて,粗末な衣服。 「身には-の帷かたびら,濯ぎけん世も知らず/今昔 15
菓子の一種。カステラ状の皮で求肥ぎゆうひを巻いたもの。

ちょうふ【調布】

東京都中部の市。近世,甲州街道の宿場町。多摩川の北岸に位置し住宅地として発展。深大じんだい寺がある。地名は,古く多摩川の水にさらして織った布を租税の調ちようとしたことに由来。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調布
ちょうふ

古代日本における令(りょう)制下の租税の一種である「調(ちょう、つき)」として納めた手織りの布のこと。「つき(の)ぬの」「手作(たづくり)」とも称する。成人男子の人別に課し、徴した絹、綾絹(あやぎぬ)(あしぎぬ)、綿、布は中央政府の官用にあてた。また転じて、粗末な衣料をいう場合がある。なお、東京都下の地名「調布」は、多摩川の水にさらして織った布を調の料に納付したところからおこった名であり、岡山の名菓「調布」もこれになぞらえたもの。[兼築信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

調布の関連キーワード自然淘汰ジーメンス六調子グッドウィル貢ぎ・調・御調律調呂調C調貢ぎ

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

調布の関連情報