コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保管料 ほかんりょう storage

翻訳|storage

4件 の用語解説(保管料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保管料
ほかんりょう
storage

営業倉庫が貨物の保管に際し,その対価として徴収する料金。営業用倉庫は,倉庫業法により国土交通省の許可を必要とする。1保管期間 (普通倉庫では1ヵ月を1~10日,11~20日,21日~月末の3つに分け,それぞれを1期間とする) を単位として適用され,算定法は,保管する物品ごとに,従価率 (1000円につきいくら) と従量率 (1tないし 1133m3につきいくら) を合算して算出している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほかん‐りょう〔ホクワンレウ〕【保管料】

倉庫営業者が物品を保管する報酬として受け取る一定の料金。倉敷料

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほかんりょう【保管料】

倉庫営業者が物品保管の報酬として受け取る料金。倉敷料。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保管料
ほかんりょう
storage

営業倉庫が貨物を保管する報酬として受け取る一定の料金。正式には倉庫保管料といい、また倉敷料(くらしきりょう)ともいう。料率の基準としては、〔1〕個数・重量・容積によるもの(従量率)、〔2〕寄託貨物の申告価格または保険金額によるもの(従価率)、〔3〕日時によるもの(時間率)、〔4〕危険品・嵩高(かさたか)品など特別貨物にかけるもの(特殊料率)がある。従量・従価の併用が一般的であるが、冷蔵倉庫だけは従量率によっている。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保管料の関連キーワード倉庫営業農業倉庫保税倉庫倉敷料預り証券倉庫特約倉庫業ストック・ポイント農業倉庫法杉村倉庫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保管料の関連情報