コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保険薬 ほけんやく

世界大百科事典 第2版の解説

ほけんやく【保険薬】

健康保険法にもとづく保険制度の範囲で用いられる医薬品。通常,医薬品を服用する場合,薬店薬局から購入して服用するか,医療機関で医師の診察を受けた後,投与されたものを服用する。保険薬は通例,この後者のものをいう。日本では,1961年4月に国民皆保険制度が敷かれ,国民は被用者保険国民健康保険などいずれかの保険に加入することになった。保険薬は,健康保険法でその性格が規定され,厚生大臣によって種類および価格が決定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

保険薬の関連キーワード限度額適用認定証データホライゾンおくすり手帳保険医療機関薬剤服用歴調剤技術料管理薬剤師薬価基準保険調剤薬剤師

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保険薬の関連情報