コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信時 潔 Nobutoki Kioyoshi

2件 の用語解説(信時 潔の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

信時 潔

大阪生まれ。牧師の息子であったことから、幼い頃より讃美歌に親しむ。東京音楽学校(現東京芸大)および研究科にて、チェロと作曲をヴェルクマイスターに師事。1920年、チェロと作曲研究のため文部省派遣生とし ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

20世紀日本人名事典の解説

信時 潔
ノブトキ キヨシ

大正・昭和期の作曲家 東京音楽学校教授。



生年
明治20(1887)年12月29日

没年
昭和40(1965)年8月1日

出生地
大阪府

学歴〔年〕
東京音楽学校本科〔明治43年〕卒

主な受賞名〔年〕
文化功労者〔昭和38年〕

経歴
少年時代より賛美歌に親しむ。東京音楽学校本科でチェロを学び、明治43年研究科に進み作曲、指揮も学ぶ。大正9年ドイツに留学し、ゲオルク・シューマンに師事。12年帰国して東京音楽学校教授となり、下総皖一諸井三郎ら多くの作曲家を育てた。昭和7年退官後は作曲に専念。代表作に大伴家持の歌詞による合唱曲「海行かば」、紀元2600年芸能祭に初演されたカンタータ海道東征」がある。他に合唱曲「春の弥生」「あかがり」、歌曲「沙羅」など声楽曲が大半をしめ、生涯ドイツ古典派の伝統的作風をつらぬいた。17年芸術院会員となり、38年文化功労者。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信時 潔の関連情報