コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信時 潔 Nobutoki Kioyoshi

2件 の用語解説(信時 潔の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

信時 潔

大阪生まれ。牧師の息子であったことから、幼い頃より讃美歌に親しむ。東京音楽学校(現東京芸大)および研究科にて、チェロと作曲をヴェルクマイスターに師事。1920年、チェロと作曲研究のため文部省派遣生とし ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

信時 潔
ノブトキ キヨシ

大正・昭和期の作曲家 東京音楽学校教授。



生年
明治20(1887)年12月29日

没年
昭和40(1965)年8月1日

出生地
大阪府

学歴〔年〕
東京音楽学校本科〔明治43年〕卒

主な受賞名〔年〕
文化功労者〔昭和38年〕

経歴
少年時代より賛美歌に親しむ。東京音楽学校本科でチェロを学び、明治43年研究科に進み作曲、指揮も学ぶ。大正9年ドイツに留学し、ゲオルク・シューマンに師事。12年帰国して東京音楽学校教授となり、下総皖一諸井三郎ら多くの作曲家を育てた。昭和7年退官後は作曲に専念。代表作に大伴家持の歌詞による合唱曲「海行かば」、紀元2600年芸能祭に初演されたカンタータ海道東征」がある。他に合唱曲「春の弥生」「あかがり」、歌曲「沙羅」など声楽曲が大半をしめ、生涯ドイツ古典派の伝統的作風をつらぬいた。17年芸術院会員となり、38年文化功労者。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信時 潔の関連キーワード中川蘆月滋岡従長マルタン息子けらく賢息それ見たことかのら息子弟息子大師の杖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信時 潔の関連情報