コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信海(2) しんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信海(2) しんかい

1821-1859 江戸時代後期の僧。
文政4年生まれ。法相(ほっそう)宗。京都清水寺で出家。東大寺の竜肝に灌頂(かんじょう)をうけ,高野山の霊明にまなぶ。嘉永(かえい)7年(1854)兄月照の跡をつぎ清水寺成就院の住職となる。高野山で攘夷(じょうい)と王家安泰の修法祈祷をおこなう。幕府の嫌疑をうけ,江戸の獄中で安政6年3月18日死去。39歳。大坂出身。俗姓玉井

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信海(2)の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニサルジニア王国ドストエフスキーボードレールビラフランカの和議余計者光の科学史ギリシア解放戦争

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android