コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭文荘 しとりのしょう

百科事典マイペディアの解説

倭文荘【しとりのしょう】

美作国久米郡倭文郷(《和名抄》)に成立した京都賀茂別雷(かもわけいかずち)神社上賀茂神社)領の荘園。現岡山県津山市の倭文川流域一帯に比定される。成立年代や上賀茂社領となった経緯は不明だが,1184年には同社領であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しとりのしょう【倭文荘】

美作国久米郡倭文郷(現,岡山県久米郡久米町)に成立した荘園。立荘年次・成立事情は不詳。1184年(寿永3)4月の源頼朝下文(案)が,当荘を含む賀茂別雷神社領42ヵ所に対する武士の狼藉停止を命じているのが初見。鎌倉後期には同社社務領家預所職一円知行権を相伝している。下って1448年(文安5)には,荘内祥雲寺を〈領家〉と記す史料が現れるが,賀茂社との関係は不明。戦国期にも依然社務領として存続しているが,実態は同社氏人惣中が現地からの公用銭(年貢)収納権を有し,社務は〈分一〉としてその15%を受け取るにすぎなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

倭文荘の関連キーワード応仁・文明の乱足利義詮守護代官被官公文

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android