コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

健児所 コンデイドコロ

デジタル大辞泉の解説

こんでい‐どころ【児所】

平安時代、諸国の国府で健児が詰めていた所。こんでいしょ。
鎌倉時代以後、足軽中間(ちゅうげん)などが詰めていた所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こんでいどころ【健児所】

〈こにしょ〉〈こんでいしょ〉ともいう。平安中期以降の国衙の在庁諸分課〈所(ところ)〉の一つ。792年(延暦11)軍団兵士制の廃止にかわって設置された健児の後身。他の〈所〉と同様,目代別当,惣判官代,書生らの職員で構成されていたと思われる。国衙での職務分掌については不明な点が多いが,健児の職務である国府兵庫の守衛,国司の〈爪牙之備〉としての武力行使,儀式や神事の先駆,鋳銭司旧銭など雑物逓送などを継承したものとみて大過あるまい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんでいどころ【健児所】

〔もと健児が詰めていたところから〕
諸国に置かれた国司の役所の一局の称。健児を統轄した。こにしょ。こんでいしょ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

健児所の関連キーワード平安時代留守所諸国役所一局