結果的加重犯(読み)ケッカテキカジュウハン

世界大百科事典 第2版の解説

けっかてきかじゅうはん【結果的加重犯】

もとになった犯罪から,その罪(基本犯)を超える重い結果が発生したとき,そのことを理由に基本犯よりも刑を加重して処罰している罪。たとえば,人を傷害したところ被害者が死亡した場合に適用される傷害致死罪(刑法205条)は,死亡という結果を理由に傷害罪(204条)よりも重い刑が定められている。法文に〈因って〉という語で基本犯と重い結果とを結んで規定されていることが多い。基本犯は故意犯が通例だが,過失犯の例(公害罪法(略称)3条2項)もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けっかてきかじゅうはん【結果的加重犯】

軽い犯罪を行い、重い犯罪結果を発生させた場合、刑が加重される犯罪。「けっかてきかちょうはん」ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android