コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧綱補任 そうごうぶにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧綱補任
そうごうぶにん

推古 32 (624) ~康治1 (1142) 年の間,僧綱に補任された僧侶の一覧表。6巻 (興福寺本) 。編者不詳。僧綱初任,昇任入滅および承和4 (837) 年以降は僧綱任命と関係の深い興福寺維摩会講師のことなどを,該当年次の項に注記している。僧侶の伝記研究の基礎史料。なお,興福寺本のほかに,同名の書が数種類ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうごうぶにん【僧綱補任】

僧綱の補任歴名記。6巻。推古32年(624),天武2年(673),文武2‐永治2年(698‐1142)の僧綱に補任された僧の名,初任,昇進,略伝,入滅などを編年体で記す。承和1年(834)以降の記述には僧綱任命と密接な資格となる已講(いこう)(南都三会の講師をつとめた僧。のち天台三会にもいう)に関連する興福寺維摩会(ゆいまえ)講師名を記し,のちには他の已講にかかわる法会の講師名,さらにこれに準ずる最勝寺灌頂(かんぢよう)などのことを記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

僧綱補任の関連キーワード経覚私要鈔本薬師寺法華会覚助院尊

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android