コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先原 さきばら

2件 の用語解説(先原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先原
さきばら

静岡県伊豆半島東部,伊東市の南部に広がる標高 100~400mの火山性台地。南半部は約 5000年前に流出した玄武岩溶岩で大室山を中心とし,一碧湖がある。北半部は小室山,鉢窪山など小火山の噴出物から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先原
さきばら

静岡県伊東市南部、大室山(おおむろやま)火山の東方に広がる溶岩台地。標高100~400メートル。玄武岩質の溶岩流からなり、東端は相模灘(さがみなだ)に達し、城ヶ崎(じょうがさき)海岸の海食崖(がい)をつくり、門脇(かどわき)崎、日蓮(にちれん)崎などの岬と小入り江を形成した。乏水性の原野で放置されていたが、第二次世界大戦後の大室開拓によって旧対島(たじま)村(現、伊東市)を中心に酪農、果樹、温室経営と定着した。観光開発が進み、分譲別荘地、レジャーランド(伊豆(いず)海洋公園など)が建設され、大室高原、伊豆高原ともよばれる。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

先原の関連情報