先様(読み)さきさま

精選版 日本国語大辞典「先様」の解説

さき‐さま【先様】

〘名〙 (「さま」は接尾語)
① 前方。先の方。
※愚管抄(1220)六「このさきさまの事はよき物にて、目もさめぬべく侍るめり」
② 交渉などの相手、または、行く先の人などを敬っていう語。また、皮肉をこめたり軽蔑的に用いることもある。さきさん。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「やうす見るにすこしたらぬ人を、にして遣しけると、さながら見えますによって、先さまの人、憎さもにくし、あんな男に、あふてとらしました」

せん‐さま【先様】

〘名〙 先に来た者を、敬ったり親しみをこめたりしていう語。また、先方の人を敬っていう語。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「まづ先さまは一ときりの、替る替るの人心

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「先様」の解説

せん‐さま【先様】

先客を敬ったり親しみをこめたりしていう語。
「あとはおさけとなまの鍋、まず―は、一ときりの、替る替るの人心」〈魯文安愚楽鍋

さき‐さま【先様】

相手、または話題に上っている人を敬っていう語。先方様。「先様のご都合はいかがですか」
[類語]向こう相手相手方先方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例