先様(読み)さきさま

精選版 日本国語大辞典 「先様」の意味・読み・例文・類語

さき‐さま【先様】

〘名〙 (「さま」は接尾語)
前方。先の方。
愚管抄(1220)六「このさきさまの事はよき物語にて、目もさめぬべく侍るめり」
交渉などの相手、または、行く先の人などを敬っていう語。また、皮肉をこめたり軽蔑的に用いることもある。さきさん。
浮世草子好色一代男(1682)八「やうす見るにすこしたらぬ人を、賭にして遣しけると、さながら見えますによって、先さまの人、憎さもにくし、あんな男に、あふてとらしました」

せん‐さま【先様】

〘名〙 先に来た者を、敬ったり親しみをこめたりしていう語。また、先方の人を敬っていう語。
安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「まづ先さまは一ときりの、替る替るの人心

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「先様」の意味・読み・例文・類語

さき‐さま【先様】

相手、または話題に上っている人を敬っていう語。先方様。「先様のご都合はいかがですか」
[類語]向こう相手相手方先方

せん‐さま【先様】

先客を敬ったり親しみをこめたりしていう語。
「あとはおさけとなまの鍋、まず―は、一ときりの、替る替るの人心」〈魯文安愚楽鍋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android