コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光ポンピング ひかりポンピングoptical pumping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光ポンピング
ひかりポンピング
optical pumping

エネルギーによるポンピングの方法。原子分子に適当な波長のを照射し,反転分布を起させる。ルビーレーザーヤグレーザーなどの固体レーザー励起はほとんどこの方法による。光源としてはキセノンフラッシュランプなどがあるが,窒素レーザーのようなパルス発振レーザー光を使用することもある。原子のゼーマン効果に対する光ポンピングの効果を利用した光ポンピング磁力計は,プロトン磁力計よりすぐれ,10-11 T (テスラ) 程度の感度が得られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひかり‐ポンピング【光ポンピング】

原子や分子に光を吸収させてエネルギーが低い状態から高い状態に変化させること。誘導放出によって光を増幅・発振するレーザーに利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光ポンピング
ひかりぽんぴんぐ
optical pumping

レーザー媒質に光を照射し基底状態(準位)からの光吸収により、特定の励起準位の原子占有数を熱平衡での値より著しく多くさせることをいう。光のポンプによって、低い状態にある原子を高い状態にくみ上げる操作に例えられる。上下のレーザー二準位間で必要な原子数の反転分布を得る代表的方法の一つである。たとえば、三準位レーザーでは基底準位の原子を上のレーザー準位へ選択的に励起することにより、この準位の原子数が下のレーザー準位に比べて多い状態、すなわち反転分布が実現されている。ポンピング光としては強力なランプや別のレーザーを用いる。狭義には光ポンピングは、特殊な光照射により、基底状態のわずかなエネルギー差をもつゼーマン副準位間や超微細準位間で大きな原子占有数の差をつくることをいう。原子の磁気的性質などを調べる方法として用いる。ゼーマン副準位間では円偏光の光を、超微細準位間では特定の波長の光を照射することにより可能となる。高感度な光ポンピング磁力計、高精度な光ポンピング周波数標準として応用されている。[井上久遠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の光ポンピングの言及

【光励起】より

…電磁波を吸収させることによって,分子(原子,イオン,準粒子なども含める)を,特定のエネルギー状態に励起することをいう。狭義には,ゼーマン副準位の分布数を,光を照射して変化させる方法(光ポンピング)を指す。また広い意味では,非線形散乱,光混合,光パラメトリック効果などの過程において,主たる入射光を励起光という。…

※「光ポンピング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光ポンピングの関連キーワードアルフレッド カストラーセシウムレーザー色素レーザーカストレル原子時計カスレ光励起

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android