光復節(読み)コウフクセツ

百科事典マイペディアの解説

光復節【こうふくせつ】

朝鮮が日本の植民地支配から解放された1945年8月15日を記念する祝日。〈光復〉とは失われた祖国主権の回復をいう。だがそれは同時に〈民族分断〉という新たな受難の始まりでもあり,〈分断時代〉と呼ばれる朝鮮現代史の原点としての意味も持つ。なお8月15日は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)では〈解放記念日〉として祝日になっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうふくせつ【光復節】

朝鮮が日本の植民地支配から解放されたことを祝う日(8月15日)。光復とは奪われた主権の回復を意味し,民族解放運動の中でも祖国光復会や韓国光復軍というように使われた。1945年8月の〈大日本帝国〉の崩壊によって植民地支配からの解放を得た朝鮮人は,禁じられていた朝鮮語で喜びを語り合い〈太極旗〉を作って祝賀デモに繰り出した。〈新朝鮮建設〉のための活動は,朝鮮建国準備委員会を中心に始まった。植民地支配に対する恨みは神社破壊という形であらわれたが,日本人襲撃などはごくわずかしか起こらなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうふくせつ【光復節】

韓国で、日本の植民地支配からの解放を祝う祝日。8月15日。クワンボッチョル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうふく‐せつ クヮウフク‥【光復節】

〘名〙 大韓民国の祝日。八月一五日。日本による植民地支配からの解放を祝う日。朝鮮民主主義人民共和国では解放記念日という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光復節の関連情報