コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国農民組合 ぜんこくのうみんくみあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全国農民組合
ぜんこくのうみんくみあい

(1) 昭和初期の全国的農民団体 第1回普通選挙後,分裂していた農民組合統一を求める声の高揚とともに,1928年5月 27日,杉山元治郎を委員長として,日本農民組合 (日農) と全日本農民組合 (全日農) が合同し,結成された。しかし左右の内部抗争が激しく,31年自作農を含む農民委員会活動を提唱する共産党系全国会議派と,それに反対する総本部派とが対立,分裂した。その後再統一されたが,37年人民戦線事件で打撃を受け解散,日本農民連盟大日本農民組合に分れた。 (2) 社会民主主義を旗印とする第2次世界大戦後まもなく結成された全国的農民団体  1947年2月日本農民組合から除名された平野力三らを中心とするグループにより結成され,反資本,反ファッショ,反共産のいわゆる三反主義を目指した。 58年全日本農民組合連合会に統一された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんこく‐のうみんくみあい〔‐ノウミンくみあひ〕【全国農民組合】

昭和3年(1928)日本農民組合と全日本農民組合(全日農)とが合同してできた農民組織。同13年に解散するまで日本の農民運動の主流をなした。全農

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

全国農民組合【ぜんこくのうみんくみあい】

略称は全農。(1)1928年日本農民組合と全日本農民組合が合同して結成。農民運動の主流となったが,無産政党の分裂を反映して内部対立が激化し,1931年左派は全農全国会議派を結成。
→関連項目社会民主党全農日本農民組合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんこくのうみんくみあい【全国農民組合】

1928年(昭和3)、日本農民組合と全日本農民組合が合同してできた組織。農民運動の中心となったが、38年解散。全農。
1947年(昭和22)、社会民主主義右派が結成した農民組織。58年全日本農民組合連合会に統一された。全農。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全国農民組合
ぜんこくのうみんくみあい

全農と略称する。(1)日本農民組合(日農)は、1927年(昭和2)2月の第二次分裂によって、日農と全日本農民組合(全日農。1927年3月結成)に分かれたが、翌28年5月に両者がふたたび合同して全国農民組合を結成した。この合同は「左翼合同」とよばれ、「政党支持自由の原則」のもとで結成されたものである。
 その後1930年には昭和恐慌が起こり、農民生活は悪化し、農民運動は激しくなっていった。ところが、全農内部にはふたたび厳しい対立が引き起こされた。31年8月に旧日農系の左派は、独自の行動綱領、運動方針、指導部をもつ「全農改革労農政党支持強制反対全国会議」を結成するための全国代表者会議を開催した。これに対し、全農の総本部は杉山元治郎(もとじろう)を中心として旧全日農系がイニシアティブをとっており、地方下部組織を握っていた左派と対立した。ここに全農は、総本部派と全国会議派(全農全会派)とにふたたび分裂した。全農全会派は、小作人組合的農民運動から前進し、独占資本や政府に対して、自作農をも結集した闘争を展開した。だが、この会派でも共産党系と非共産党系との対立が激しくなっていった。全農全会派本部は共産党系が握っていたが、相次ぐ検挙によって33年ごろには壊滅状態となり、地方組織も相次いで総本部に復帰したので、36年には全農の再統一がなった。しかし、37年末の人民戦線事件で中心的活動家が大量に検挙されたため、自己解体の声明を出し、38年1月には大日本農民組合と日本農民連盟とに分解してその生命を終えた。(2)第二次世界大戦後の1947年(昭和22)7月、日本農民組合の第2回大会で除名された平野力三(りきぞう)らが結成した農民組合。社会党右派の農民組織としての性格をもち、58年3月の全日本農民組合連合会(全日農)の結成にあたって全農もこれに参加したが、60年1月に社会党から民主社会党が独立すると、旧全農系の人々は同年8月に全日農を脱退して全国農民同盟を結成した。[似田貝香門]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の全国農民組合の言及

【全農】より

…全国農民組合の略称。
[第1期]
 日本農民組合(日農)と,日農から分裂して1927年に結成された全日本農民組合連合会(全日農)が28年に合同して創立した全国的農民組織。…

【農民運動】より

…しかし,組合の分裂や弾圧がつづくなかでも,下部では農民戦線が統一して闘う地域も少なくなかった。そのようななかで,28年には日農と全日本農民組合が再合同して全国農民組合(全農)を結成し,指導の統一をはかったが,方針をめぐる左右の対立・抗争はその後もやまなかった。 1930年代に入り,深刻な農業恐慌がつづくなかで小作争議は再び増勢に転じた。…

※「全国農民組合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全国農民組合の関連キーワード全農(全国農民組合)阿久津村小作争議フクバラハップ杉山 元治郎岩淵 謙二郎冨吉 栄二五十嵐久弥天田 勝正西尾治郎平渋谷 定輔山本 経勝池田三千秋山上 武雄佐々木更三岩淵謙二郎前川 正一日本無産党黒田寿男前川正一羽原正一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android