コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八専 ハッセン

デジタル大辞泉の解説

はっ‐せん【八専】

陰暦で、壬子(みずのえね)の日から癸亥(みずのとい)の日までの12日間のうち、丑(うし)・辰(たつ)・午(うま)・戌(いぬ)の4日を間日(まび)と呼んで除いた残りの8日。1年に6回あり、雨の日が多いという。仏事などを忌む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はっせん【八専】

陰陽道おんようどうで、壬子みずのえねの日から癸亥みずのといの日までの12日のうち、丑うし・辰たつ・午うま・戌いぬの日を除いた8日。1年に六度ある。棟上げに吉、結婚・畜類の売買・神仏のことを忌む日という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八専
はっせん

陰暦の二十八宿の一つ。壬子(みずのえね)の日から癸亥(みずのとい)の日まで12日間のうち、癸丑(うし)、丙辰(ひのえたつ)、戊午(つちのえうま)、壬戌(いぬ)の4日を間日(まび)といって除外し、残る8日を八専といい、1年間に6回ある。八専には降雨が多いといわれ、農家に厄日とされている。また八専の入り日が雨ならば八専中は晴れが多く、反対に入り日が晴れならば八専中雨が多いという。一般に八専は、法事や婚礼には厄日とされている。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八専の関連キーワード彼岸太郎,八専次郎,土用三郎,寒四郎彼岸太郎八専次郎土用三郎寒四郎土用三郎山口五郎八専次郎八専太郎藤原道山寒四郎棟上げ陰暦畜類彼岸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android