コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長講堂領 ちょうこうどうりょう

4件 の用語解説(長講堂領の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長講堂領
ちょうこうどうりょう

鎌倉,室町時代皇室領の一つ。後白河法皇御所の六条長講堂に付属する荘園所領の総称。後白河法皇の没年の前年にあたる建久2 (1191) 年の目録ではその荘園の数は全国にわたって 80ヵ所余,その後増加して最多時には約 200ヵ所に達し,そこからの収入はきわめて大きかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうこうどう‐りょう〔チヤウコウダウリヤウ〕【長講堂領】

後白河法皇持仏堂である長講堂に付属した所領。多いときには荘園100か所以上に及び、法皇の皇女宣陽門院を経て後深草上皇に譲渡され、以後持明院統の経済的基礎となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうこうどうりょう【長講堂領】

後白河法皇の持仏堂長講堂の所領。その領百余所に及び、法皇の皇女宣陽門院勤子内親王から後深草上皇に伝領され、その後長く持明院統の経済的基礎となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長講堂領
ちょうこうどうりょう

後白河(ごしらかわ)法皇が院御所六条殿(ろくじょうどの)に営んだ持仏堂長講堂の所領。長講堂とは法華経(ほけきょう)を長期にわたって講ずる堂をいう。後白河法皇の長講堂は1177年(治承1)から記録にみえるが、六条殿内のものは1183~85年(寿永2~文治1)の間に造営され、長講堂領はそれに付属する所領群として、法皇の寄進などによって成立。1191年(建久2)には88か所、1407年(応永14)の所領目録では112か所に及んでいる。1192年、後白河法皇は皇女の宣陽門院(せんようもんいん)(覲子内親王)に六条殿、長講堂、およびその所領を譲った。1221年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱の結果、鎌倉幕府はいったん長講堂領を没収したが、翌22年(貞応1)宣陽門院に返還した。宣陽門院は関白近衛家実(このえいえざね)の娘長子(鷹司院(たかつかさいん)、後堀河(ごほりかわ)天皇の中宮)に長講堂領を譲り、そののち後深草(ごふかくさ)天皇に伝えようとしたが、後嵯峨(ごさが)上皇(後深草の父)の申し入れで、長子を経ずに直接後深草に譲ることに改めた。1252年(建長4)宣陽門院の没後、長講堂領は後深草天皇が伝領するが、一時、後嵯峨上皇が管領し、1267年(文永4)になって後深草に引き渡された。後深草のあとは、伏見(ふしみ)、後伏見(ごふしみ)上皇ら持明院(じみょういん)統の皇統に伝えられ、1333年(元弘3・正慶2)大覚寺(だいかくじ)統の後醍醐(ごだいご)天皇が、幕府のたてた持明院統の光厳(こうごん)天皇を廃し、幕府を滅ぼした際にも、長講堂領は後伏見上皇に安堵(あんど)された。後伏見ののち、光厳、崇光(すこう)上皇に伝えられたが、崇光ののちは、崇光系とその弟の後光厳(ごこうごん)天皇系との間で皇位や所領をめぐる紛争が室町前期まで続いた。長講堂領は最大の皇室所領群として、持明院統の経済的基盤としての役割を果たしてきたが、この時期以降はしだいに衰退し、その役割は大きく後退した。なお、長講堂はその後移転を重ねたが、1588年(天正16)豊臣(とよとみ)秀吉の命で、京都市下京区本塩釜(もとしおがま)町の現在地に移り、後白河法皇の木像などを伝えている。[上横手雅敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長講堂領の言及

【長講堂】より

…ついで法皇は重病になると,翌年1月,5ヵ条からなる《長講堂起請》を書き,長講堂の護持・運営と仏法興隆のために,僧の任命,仏事,荘園の管理,堂舎の修理などに関する具体的な条規を定めた。この,法皇が寄進した所領・荘園が長講堂領の基幹をなした。それは,42ヵ国89ヵ所におよび,米5384石,絹1216疋,糸4274両,綿2万0256両,白布2790反,鉄1万廷以下の膨大な収入が予定されていた。…

【美濃国】より

…これらの皇室領荘園は,荘園群として女院(によいん)領,御願寺(ごがんじ)領というかたちで伝領された。後白河院によって12世紀末に創設された長講堂領に含まれる荘園には平田荘(鶉,革手,市俣,加納),蜂屋荘など,七条院領には鵜飼荘,弾正荘,美濃国分寺,八条院領には多芸荘,古橋荘など,歓喜光院領には久々利荘,鵜沼荘などがあり,その数は膨大なものであった。摂関家領は,現在25ないし26ヵ所が確認されており,これらの荘園のほとんどが摂関政治後期から院政初期に摂関家の支配下に入った。…

【両統迭立】より

…しかし幕府は逆に法皇の内意を問い,法皇の中宮であった大宮院の証言により亀山天皇の親政と決定された。一方,皇室領荘園のうち長講堂領が持明院統に伝領されたほかは,八条院領,室町院領などの帰属があいまいなままに残され,その帰属をめぐって両統の間に対立が生じ,天皇家を分裂させることとなった。亀山天皇は皇子世仁親王(後宇多天皇)に位を譲ったが,その際後深草上皇の意をおもんぱかった幕府の執権北条時宗の斡旋によって,後深草の皇子熙仁親王が亀山天皇の猶子として皇太子に立った。…

※「長講堂領」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長講堂領の関連キーワード御料所丹後局後白河法皇厳島内侍円恵法親王成尋(2)平業忠中原清業隆憲(1)藤原定長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone