コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原宗通 ふじわらの むねみち

3件 の用語解説(藤原宗通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原宗通 ふじわらの-むねみち

1071-1120 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
延久3年生まれ。藤原俊家の子。母は源兼長の娘。白河天皇の寵愛(ちょうあい)をうけて昇進。寛治(かんじ)8年(1094)参議。のち正二位,権(ごんの)大納言にすすみ,民部卿,中宮大夫(だいぶ)をかねた。白河院別当として権勢をふるい,一家で備中(びっちゅう),因幡(いなば)の両国を知行した。保安(ほうあん)元年7月22日死去。50歳。幼名は阿古丸。号は坊門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原宗通

没年:保安1.7.22(1120.8.17)
生年:延久3(1071)
平安時代の公卿。右大臣俊家と源兼長の娘の子。幼名阿古丸。幼時から白河天皇に寵愛され,譲位後は白河院別当となる。蔵人頭,参議,権中納言と,上位の人々を越えてめざましく昇進を続け,天永2(1111)年権大納言。権勢の中でのその死に当たり,甥の藤原宗忠は日記『中右記』に,上皇は万事を宗通に相談するので,その権威は傍若無人であり,家中の富は衆人に勝り,権大納言・民部卿・中宮大夫の三官を帯び,一家のうちで備中・因幡を知行し,家門は繁盛していると評している。<参考文献>河野房雄『平安末期政治史研究』,戸田芳美『中右記』

(吉田早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのむねみち【藤原宗通】

1071‐1120(延久3‐保安1)
平安後期の公卿。右大臣俊家の男。1084年(応徳1)元服昇殿以来,白河天皇の寵恩により,加階任官ごとに諸人を越えて昇進し,94年(嘉保1)蔵人頭から参議に昇り,権中納言,右衛門督検非違使別当などを歴任して権大納言に進み,一方では天皇の譲位とともに院別当に補された。藤原宗忠の評言によると,容体人にすぐれ,心性時にかない,上皇が何事につけても相談したので,天下の権威がみな彼に集中したといい,一身で権大納言,民部卿,中宮大夫を兼ね,一家で備中・因幡両国を知行し,富貴相兼ね,家門繁盛すといわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原宗通の関連キーワード保安要員延久元永保安保安庁実仁親王高階重仲藤原敦隆有慶融源

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone