コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六里ヶ原 ろくりがはら

2件 の用語解説(六里ヶ原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六里ヶ原
ろくりがはら

群馬県西部,浅間山の北斜面を占める広大な原野。開発は遅れ,長くカラマツシラカバ雑木林におおわれていたが,第2次世界大戦後開拓者が入植し,酪農や高原野菜 (キャベツハクサイ) ,トウモロコシの栽培を行なってきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六里ヶ原
ろくりがはら

群馬県西部、浅間(あさま)山の北斜面で、吾妻(あがつま)郡嬬恋(つまごい)村と長野原(ながのはら)町の標高900~1400メートル前後の裾野(すその)をいう。長い間シラカバ、カラマツ、ナラ、クマザサなどに覆われていたが、1928年(昭和3)県による開墾移住が試みられ、その後養狐(ようこ)業も行われた。第二次世界大戦後開拓者が入植して畑地化した所が多く、最近は別荘も増えてきた。夏も冷涼で、浅間、白根(しらね)、四阿(あずまや)の三大火山を一望に収める雄大な風景が展開する。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の六里ヶ原の言及

【浅間山】より

…浅間山の中では黒斑山,前掛山,釜山の順に噴出点が東に移動してきた。裾野は南北35km,東西20kmの範囲に及び,北側を姥ヶ原,六里ヶ原,南側を追分原,地蔵ヶ原と呼ぶ。裾野の北端は吾妻川に,南西端は千曲川に達する。…

【嬬恋[村]】より

…村域の大部分は林野で,おもな集落は吾妻川沿いにある。六里ヶ原と呼ばれた浅間山北麓の原野では第2次大戦後,大規模な開拓が行われ,1960年代にキャベツ,ハクサイなどの高冷地栽培が急増し,現在は全国有数のキャベツ産地となっている。農林水産省嬬恋馬鈴薯原々種農場では種ジャガイモを生産している。…

※「六里ヶ原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六里ヶ原の関連キーワード富士見鬼押出天狗温泉浅間山荘鬼押出し長野原[町]御代田[町]群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原群馬県高崎市倉賀野町群馬県吾妻郡長野原町浅間嶽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone