コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼子天聾 かねこ てんろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼子天聾 かねこ-てんろう

1759-1829 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦9年9月18日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の人。長久保赤水に入門し,のち江戸で井上金峨(きんが)にまなぶ。暦術・算数に通じ,書画・管弦をこのみ,武術にもすぐれた。天明のころ帰郷し,府中(石岡市)に塾をひらいた。文政12年1月6日死去。71歳。本姓は宍戸。名は穆。字(あざな)は如風。通称は八三郎。著作に「老子折中」「経験薬方」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

兼子天聾 (かねこてんろう)

生年月日:1759年9月18日
江戸時代後期の儒者
1829年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

兼子天聾の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android