コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼子天聾 かねこ てんろう

1件 の用語解説(兼子天聾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼子天聾 かねこ-てんろう

1759-1829 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦9年9月18日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の人。長久保赤水に入門し,のち江戸で井上金峨(きんが)にまなぶ。暦術・算数に通じ,書画・管弦をこのみ,武術にもすぐれた。天明のころ帰郷し,府中(石岡市)に塾をひらいた。文政12年1月6日死去。71歳。本姓は宍戸。名は穆。字(あざな)は如風。通称は八三郎。著作に「老子折中」「経験薬方」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

兼子天聾の関連キーワード英一珪羅城井関左言岸貞江喜多中和交寛美三鍼拾翠樗雲松井峴山

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone