内乳(読み)ないにゅう(英語表記)endosperm

翻訳|endosperm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内乳
ないにゅう
endosperm

胚乳ともいう。胚乳組織の一種であり,裸子植物では胚嚢内の核が自発的に分裂,多細胞化したもの (一次胚乳) 。被子植物では重複受精ののちに生じてくる (二次胚乳) 。被子植物では珠心組織などから生じる外乳があるので,これに対する語として,胚嚢起源のものを内乳という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ないにゅう【内乳】

種子植物に普通にみられる胚乳組織の一。胚乳はいにゆう。内胚乳。 → 胚乳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の内乳の言及

【胚乳】より

…内乳ともいう。胚が発育するために種子にたくわえられた養分。…

※「内乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android