コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内攻 ナイコウ

デジタル大辞泉の解説

ない‐こう【内攻】

[名](スル)病気が身体の表面に表れないで、内部に広がり悪くなること。精神的なものにもいう。「嫉妬心が内攻する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ないこう【内攻】

( 名 ) スル
ある病気が身体の表面に現れず、身体の内部で浸潤し内臓や精神をおかすこと。
気持ちが外に表れず、内部に向かうこと。 「恋しいと思ふ念が、-するやうに奥深く潜んで/雁 鷗外」 〔同音語の「内向」は心の働きが自分の内面ばかりに向かうことであるが、それに対して「内攻」は病気が身体の表面に出ないで内部を冒すこと、また、気持ちが外にあらわれずに心の内部に向かうことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

内攻の関連キーワード磅礴・旁礴・旁魄はしか(麻疹)ルサンティマンルサンチマン成田求馬同音語蓬莱曲麻疹胎毒内向内部身体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android