コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰気 インキ

デジタル大辞泉の解説

いん‐き【陰気】

[名・形動]
万物生成の根本となる二気の一。陰の気。⇔陽気
気分・雰囲気・天候などが、晴れ晴れしないこと。また、そのさま。「なんとなく陰気な人」「陰気な会」⇔陽気
[派生]いんきさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんき【陰気】

[1] ( 名 )
万物が衰え消滅しようとする気。 ⇔ 陽気
[0] ( 形動 ) [文] ナリ 
天気・雰囲気・性格などの暗く晴れ晴れしないさま。 ⇔ 陽気 「 -な性格」 「 -な家」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

陰気の関連キーワードしんねりむっつり北向きの鬼面グルーミー陰に籠もる安岡章太郎気が滅入る陰鬱・陰欝天人相関説じめつくじめじめ湿っぽいしんねり黒胆汁質君に届け陰に籠る陰気臭い陰陰滅滅悪い仲間溝五位ハデス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陰気の関連情報