コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田寛一 うちだ かんいち

2件 の用語解説(内田寛一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田寛一 うちだ-かんいち

1888-1969 昭和時代の地理学者。
明治21年2月3日生まれ。昭和8年東京文理大助教授,のち東京教育大教授。「初島の経済地理に関する研究」「郷土地理研究」などをあらわす。日本地理学会会長,日本地理教育学会会長。昭和44年9月28日死去。81歳。佐賀県出身。京都帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田寛一
うちだかんいち
(1888―1969)

地理学者。佐賀県出身。東京高等師範学校京都帝国大学史学科を卒業。東京教育大学教授、さらに日本大学、駒沢(こまざわ)大学、国士舘(こくしかん)大学の教授、また日本地理教育学会会長、日本地理学会会長などを歴任した。小川琢治(たくじ)の学統を継承し、大正・昭和期の日本地理学の指導者の一人である。とくに歴史地理学の先駆者で、大正末期から「現在の地理現象に含まれている歴史性を地理学の対象とすべし」と主張し、さらに「それを通じて将来へのサジェッションを得ようとする」として、歴史地理学とそれを基調とする応用地理学的研究の必要性を説いた。おもな著書に『初島の経済地理に関する研究』『郷土地理研究』『近世農村の人口地理学的研究』などがある。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内田寛一の関連キーワード秋岡武次郎鮎沢信太郎小笠原義勝木内信蔵佐藤弘奈佐忠行西川治橋本福松藤岡謙二郎松尾俊郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone