コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田寛一 うちだ かんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田寛一 うちだ-かんいち

1888-1969 昭和時代の地理学者。
明治21年2月3日生まれ。昭和8年東京文理大助教授,のち東京教育大教授。「初島の経済地理に関する研究」「郷土地理研究」などをあらわす。日本地理学会会長,日本地理教育学会会長。昭和44年9月28日死去。81歳。佐賀県出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田寛一
うちだかんいち
(1888―1969)

地理学者。佐賀県出身。東京高等師範学校、京都帝国大学史学科を卒業。東京教育大学教授、さらに日本大学、駒沢(こまざわ)大学、国士舘(こくしかん)大学の教授、また日本地理教育学会会長、日本地理学会会長などを歴任した。小川琢治(たくじ)の学統を継承し、大正・昭和期の日本地理学の指導者の一人である。とくに歴史地理学の先駆者で、大正末期から「現在の地理現象に含まれている歴史性を地理学の対象とすべし」と主張し、さらに「それを通じて将来へのサジェッションを得ようとする」として、歴史地理学とそれを基調とする応用地理学的研究の必要性を説いた。おもな著書に『初島の経済地理に関する研究』『郷土地理研究』『近世農村の人口地理学的研究』などがある。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

内田寛一の関連キーワード昭和時代地理学者

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android