コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田清之助 ウチダセイノスケ

デジタル大辞泉の解説

うちだ‐せいのすけ【内田清之助】

[1884~1975]鳥類学者。東京の生まれ。農林技師として日本の野鳥保護行政に尽力し、「鳥の博士」として知られた。著「日本鳥類図説」「鳥学講話」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田清之助 うちだ-せいのすけ

1884-1975 明治-昭和時代の鳥類学者。
明治17年12月1日生まれ。農商務省鳥獣調査室長,東大,京大などの講師を歴任。日本鳥学会を創立し,会頭となる。鳥類の分類,生態の調査・研究をおこない,鳥獣保護につとめた。昭和50年4月28日死去。90歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本鳥類図説」「鳥学講話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちだせいのすけ【内田清之助】

1884~1975) 鳥類学者。東京生まれ。東大卒。農林技師として鳥獣保護に尽力。「鳥博士」として知られた。著「日本鳥類図説」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田清之助
うちだせいのすけ
(1884―1975)

鳥類学者。東京に生まれ、1908年(明治41)東京帝国大学農学部獣医学科卒業。農学博士。翌年農商務省嘱託として鳥獣調査に携わって以来、1919年(大正8)農商務省技師、ついで農林技師として日本の鳥獣保護事業を40余年にわたり主宰し、今日の鳥獣保護行政の礎(いしずえ)を築いた。その間、東大講師、各種調査会・審議会の委員、日本鳥学会会頭、山階(やましな)鳥類研究所理事、日本野鳥の会顧問を務めた。著書に『日本鳥類図説』『鳥学講話』などの専門書のほか多数の随筆書があり、鳥学、鳥類保護を一般に普及させた功績は大きい。[松山資郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

内田清之助の関連キーワード下村 兼史昭和時代中西悟堂内田巣箱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android