コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田清之助 ウチダセイノスケ

4件 の用語解説(内田清之助の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちだ‐せいのすけ【内田清之助】

[1884~1975]鳥類学者。東京の生まれ。農林技師として日本の野鳥保護行政に尽力し、「鳥の博士」として知られた。著「日本鳥類図説」「鳥学講話」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田清之助 うちだ-せいのすけ

1884-1975 明治-昭和時代の鳥類学者。
明治17年12月1日生まれ。農商務省鳥獣調査室長,東大,京大などの講師を歴任。日本鳥学会を創立し,会頭となる。鳥類の分類,生態の調査・研究をおこない,鳥獣保護につとめた。昭和50年4月28日死去。90歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本鳥類図説」「鳥学講話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

うちだせいのすけ【内田清之助】

1884~1975) 鳥類学者。東京生まれ。東大卒。農林技師として鳥獣保護に尽力。「鳥博士」として知られた。著「日本鳥類図説」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田清之助
うちだせいのすけ
(1884―1975)

鳥類学者。東京に生まれ、1908年(明治41)東京帝国大学農学部獣医学科卒業。農学博士。翌年農商務省嘱託として鳥獣調査に携わって以来、1919年(大正8)農商務省技師、ついで農林技師として日本の鳥獣保護事業を40余年にわたり主宰し、今日の鳥獣保護行政の礎(いしずえ)を築いた。その間、東大講師、各種調査会・審議会の委員、日本鳥学会会頭、山階(やましな)鳥類研究所理事、日本野鳥の会顧問を務めた。著書に『日本鳥類図説』『鳥学講話』などの専門書のほか多数の随筆書があり、鳥学、鳥類保護を一般に普及させた功績は大きい。[松山資郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内田清之助の関連キーワードオースチン清棲幸保小林重三鷹司信輔土岡春郊蜂須賀正氏華園真淳毛利教武守屋東渡辺寛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内田清之助の関連情報