コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田清之助 ウチダセイノスケ

4件 の用語解説(内田清之助の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちだ‐せいのすけ【内田清之助】

[1884~1975]鳥類学者。東京の生まれ。農林技師として日本の野鳥保護行政に尽力し、「鳥の博士」として知られた。著「日本鳥類図説」「鳥学講話」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田清之助 うちだ-せいのすけ

1884-1975 明治-昭和時代の鳥類学者。
明治17年12月1日生まれ。農商務省鳥獣調査室長,東大,京大などの講師を歴任。日本鳥学会を創立し,会頭となる。鳥類の分類,生態の調査・研究をおこない,鳥獣保護につとめた。昭和50年4月28日死去。90歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本鳥類図説」「鳥学講話」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うちだせいのすけ【内田清之助】

1884~1975) 鳥類学者。東京生まれ。東大卒。農林技師として鳥獣保護に尽力。「鳥博士」として知られた。著「日本鳥類図説」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田清之助
うちだせいのすけ
(1884―1975)

鳥類学者。東京に生まれ、1908年(明治41)東京帝国大学農学部獣医学科卒業。農学博士。翌年農商務省嘱託として鳥獣調査に携わって以来、1919年(大正8)農商務省技師、ついで農林技師として日本の鳥獣保護事業を40余年にわたり主宰し、今日の鳥獣保護行政の礎(いしずえ)を築いた。その間、東大講師、各種調査会・審議会の委員、日本鳥学会会頭、山階(やましな)鳥類研究所理事、日本野鳥の会顧問を務めた。著書に『日本鳥類図説』『鳥学講話』などの専門書のほか多数の随筆書があり、鳥学、鳥類保護を一般に普及させた功績は大きい。[松山資郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

内田清之助の関連キーワード黒人問題三東ルシア採石業EA-71世界女性会議木村伊兵衛写真賞井上純一伊藤咲子秘密戦隊ゴレンジャーコント55号のなんでそうなるの?

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内田清之助の関連情報