コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥学 ちょうがくornithology

翻訳|ornithology

2件 の用語解説(鳥学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥学
ちょうがく
ornithology

鳥類を対象とする生物学の一部門。鳥類学ともいう。鳥類について,分類,形態,生理,生態,分布,遺伝,行動,進化などをはじめ,生物学のあらゆる分野の研究を行う。また,その応用面も研究する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥学
ちょうがく
ornithology

鳥類を研究対象とする生物学の分野。鳥類学ともいうが、鳥学のほうが普通に使われる。鳥類の形態、生理、発生、分布、生態、行動、遺伝、進化などの研究はもとより、鳥類の利用(応用鳥学)や保護の研究まで含む。鳥類の研究は、近代生物学の発展にあらゆる面で非常に大きく寄与したが、とくに重要な貢献として、進化、生物分布、行動学、自然保護をあげうるであろう。ダーウィン生物進化の考えを抱くに至ったのは、ビーグル号で航海中に、ガラパゴス諸島フィンチ類を研究したのが、大きな動機だといわれている。また、鳥の地理的変異の研究が、種の分化の理論に大きな影響を与えた。生物分布では、イギリスのスクレーターP. L. Sclaterの鳥の分布に関する研究が世界の生物地理区に発展し、各地の鳥相の研究は、群集生態学のみならず、種間の関係や適応の問題の研究に貢献した。一方、鳥は多くの人に親しまれ、野外での観察も比較的容易であるため、鳥類の観察が比較行動学の基礎となった。自然保護において鳥の研究が果たした役割は、改めて強調するまでもない。鳥学の研究は、各種の大学、博物館、研究所で行われ、またアマチュアの貢献も著しい。鳥学専門の学会は鳥学会とよばれ、日本には日本鳥学会がある。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鳥学の言及

【動物学】より

…やがて19世紀のC.ダーウィンの登場によって,動物学は新しい局面を迎え,現代生物学の一分野として統合されるに至った。 なお動物学を,その研究対象に応じて,昆虫学entomology,鳥学(鳥類学)ornithology,哺乳類学mammalogy,魚類学ichthyology,貝類学conchology,霊長類学primatologyなどと呼ぶことも多い。生物学【日高 敏隆】。…

※「鳥学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥学の関連情報