コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥学 ちょうがくornithology

翻訳|ornithology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥学
ちょうがく
ornithology

鳥類を対象とする生物学の一部門。鳥類学ともいう。鳥類について,分類,形態,生理,生態,分布,遺伝,行動,進化などをはじめ,生物学のあらゆる分野の研究を行う。また,その応用面も研究する。鳥学者の団体として各国に鳥学会があり,日本にも日本鳥学会 (1912創立) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥学
ちょうがく
ornithology

鳥類を研究対象とする生物学の分野。鳥類学ともいうが、鳥学のほうが普通に使われる。鳥類の形態、生理、発生、分布、生態、行動、遺伝、進化などの研究はもとより、鳥類の利用(応用鳥学)や保護の研究まで含む。鳥類の研究は、近代生物学の発展にあらゆる面で非常に大きく寄与したが、とくに重要な貢献として、進化、生物分布、行動学、自然保護をあげうるであろう。ダーウィンが生物進化の考えを抱くに至ったのは、ビーグル号で航海中に、ガラパゴス諸島でフィンチ類を研究したのが、大きな動機だといわれている。また、鳥の地理的変異の研究が、種の分化の理論に大きな影響を与えた。生物分布では、イギリスのスクレーターP. L. Sclaterの鳥の分布に関する研究が世界の生物地理区に発展し、各地の鳥相の研究は、群集生態学のみならず、種間の関係や適応の問題の研究に貢献した。一方、鳥は多くの人に親しまれ、野外での観察も比較的容易であるため、鳥類の観察が比較行動学の基礎となった。自然保護において鳥の研究が果たした役割は、改めて強調するまでもない。鳥学の研究は、各種の大学、博物館、研究所で行われ、またアマチュアの貢献も著しい。鳥学専門の学会は鳥学会とよばれ、日本には日本鳥学会がある。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鳥学の言及

【動物学】より

…やがて19世紀のC.ダーウィンの登場によって,動物学は新しい局面を迎え,現代生物学の一分野として統合されるに至った。 なお動物学を,その研究対象に応じて,昆虫学entomology,鳥学(鳥類学)ornithology,哺乳類学mammalogy,魚類学ichthyology,貝類学conchology,霊長類学primatologyなどと呼ぶことも多い。生物学【日高 敏隆】。…

※「鳥学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥学の関連キーワードオースティン オリバーバードウォッチングイイジマムシクイハゲタカ(禿鷹)日本鳥類保護連盟蜂須賀 正氏インコ(鳥)国際鳥学会議ブルーバード黒田 長成小林 桂助清棲 幸保下村 兼史永田 洋平シロガシラ小林 重三黒田 長礼鷹司 信輔山階 芳麿内田清之助

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥学の関連情報