コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内給 ナイキュウ

デジタル大辞泉の解説

ない‐きゅう〔‐キフ〕【内給】

平安中期以後、天皇に与えられた年給。→年給年官

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ないきゅう【内給】

平安中期以降、天皇に与えられた年給。諸国の掾じよう二人・目さかん三人・一分いちぶ(史生ししようおよびそれに準ずる地方官)二〇人の年官からなり、その任料を内裏だいりの経費にあてた。 → 年給年官

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

内給の関連キーワード所定外給与農家経済掃気効率賃金指数尻付け地方官基本給

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android