出で座す(読み)イデマス

デジタル大辞泉の解説

いで‐ま・す【出で座す】

[動サ四]《動詞「い(出)ず」に尊敬の補助動詞「ます」が付いたものの一語化》
出る」「行く」の尊敬語。おいでになる。おでかけになる。
「この八千矛(やちほこ)の神…―・しし時」〈・上〉
来る」の尊敬語。おいでになる。
「闇ならば宜(うべ)も来まさじ梅の花咲ける月夜に―・さじとや」〈・一四五二〉
居る」の尊敬語。いらっしゃる。おられる。
「父母が殿の後方(しりへ)の百代草(ももよぐさ)百代―・せ我が来たるまで」〈・四三二六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いでます【出で座す】

( 動四 )
〔動詞「いづ(出)」に尊敬の意を表す補助動詞「ます」が付いて一語化したもの〕
お出になる。お行きになる。 「君と時どき-・して遊びたまひし/万葉集 196
こちらへおいでになる。 「闇ならばうべも来まさじ梅の花咲ける月夜に-・さじとや/万葉集 1452
おられる。いらっしゃる。 「父母が殿の後しりえのももよ草百代-・せわが来きたるまで/万葉集 4326

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android