コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本役 ホンヤク

デジタル大辞泉の解説

ほん‐やく【本役】

中世・近世、正規に決められた課役の全体。
江戸時代、本百姓に課された役。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんやく【本役】

中世・近世、領民が領主に対し負担する課役の基準となるべく、あらかじめ定められた課役の数量。実際の課役は、その定量から、何割かを免除する形で行われた。
江戸時代、本百姓に課される課役。
その役者の個性・芸風にあった自己本来の役。 「やつし方の-ではねえわ/滑稽本・八笑人」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

本役の関連キーワード市川 権十郎(2代目)佐々木すみ江家数人馬改帳櫨山めぐみ金時むすこ西国筋郡代津乃村真子加藤タクヤ寺社奉行みずと良広沢真臣谷戸亮太遠国奉行藤原智之元村哲也江戸時代瀬戸利樹恋川春町奥瀬一学新人公演

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本役の関連情報