コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東取締出役 かんとうとりしまりでやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関東取締出役
かんとうとりしまりでやく

八州廻り」ともいう。江戸幕府職名。文化2 (1805) 年設置。関東地方無宿者博徒などの横行を取締り,治安維持の強化を目的とした。幕領私領の別なく村を回り警察権を行使。代官手代手付から8人 (のち 10人) 選任し,その権力は強大であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんとうとりしまり‐しゅつやく〔クワントウとりしまり‐〕【関東取締出役】

江戸幕府の職名。勘定奉行の直属下に編成され、関八州を幕領・私領(水戸藩を除く)の区別なく巡回し、治安の取り締まりに当たった。文化2年(1805)設置。八州廻り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

関東取締出役【かんとうとりしまりしゅつやく】

江戸幕府の職名。〈かんとうとりしまりでやく〉とも。所領形態が錯綜していた関東地方の支配強化と治安維持を目的として,1805年創設。勘定奉行支配下に強力な警察権をもち,幕府領・私領を問わず警察権を行使できた。
→関連項目岩鼻大前田英五郎作間稼

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんとうとりしまりしゅつやく【関東取締出役】

江戸後期の幕府の職名。通称〈八州廻り〉。1805年(文化2)関東地方の治安強化維持を目的として創設。関東代官の手付,手代の中から選任され,勘定奉行直属下に編成され,幕府直轄領および私領にもその警察権を行使した。18世紀の後半とくに天明の大飢饉以降,関東の農村における農民層の階層分化は激化し,巨大な富を蓄積する豪農層の成長する反面,潰れ百姓水呑,日雇,出稼,職人,零細な農間余業者,あるいは無宿という,いわゆる没落農民が広範に形成されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんとうとりしまりでやく【関東取締出役】

江戸幕府の職名。1805年、勘定奉行の支配下に設置。関八州の公・私領を問わず警察権を行使し、俗に「八州回り」と呼ばれて恐れられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関東取締出役
かんとうとりしまりしゅつやく

江戸後期の幕府の職名。八州廻(まわ)りともいう。1805年(文化2)関東地方の治安維持強化を目的として創設される。関東代官の手付(てづき)、手代(てだい)のなかから10名が選任され、勘定奉行(ぶぎょう)直属下に編成され、うち8名が2名1組となって廻村(かいそん)、幕府直轄領および私領にも警察権を行使した。18世紀の後半、天明(てんめい)の飢饉(ききん)以降、関東農村の荒廃、農民層の階層分化などにより、豪農層の出現とともに、一方では土地を手放して没落する農民も少なくなかった。彼らのなかには無宿や渡世人(とせいにん)とよばれ、遊民化する者も多く、しだいに不穏勢力となってきた。関東取締出役はこのような状況に対応するものとして設置され、1827年(文政10)の文政(ぶんせい)の改革により組合村(くみあいむら)を設置するなど、いっそう取締り支配の徹底化が図られた。[森 安彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の関東取締出役の言及

【作間稼】より

…関東での初見は1766年(明和3)相模国足柄上郡金井島村の商人書上帳(《神奈川県史》資料編5)で,この時期以降,農間余業調査が繰り返し行われた。1805年(文化2)関東一円の治安強化をねらって設置された関東取締出役のもとでは,無宿,悪党の追捕とともに農間余業渡世人,在郷商人の掌握を重視し,農間余業調査を実施し,新規の余業渡世人の増加を規制して村落秩序の動揺を防止しようとした。とくに文政改革以後,代官の手付・手代が関東取締出役として組合村を回村し,農間余業調査を再三実施した。…

※「関東取締出役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

関東取締出役の関連キーワード八州廻り桑山十兵衛あばれ八州御用旅江戸時代(年表)長楽園山左飯岡助五郎大御所時代勢力富五郎文政の改革日光円蔵文政改革国定忠次大原幽学国定忠治笹川繁蔵八州回り十手出役剣道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android