コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刈萱/刈茅 カルカヤ

デジタル大辞泉の解説

かる‐かや【刈×萱/刈×茅】

イネ科の多年草、オガルカヤとメガルカヤの総称。ススキに似る。根をたわしはけなどの材料とする。 秋》「野路の雨―独りありのままに/暁台
《刈り取ったの意》屋根を葺(ふ)くために刈り取る草。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

刈萱 (カルカヤ)

植物。・薄・笠管などの総称,または,薄の別称。カヤの別称

刈萱 (カルカヤ)

植物。イネ科の多年草。メガルカヤの別称

刈萱 (カルカヤ)

植物。イネ科の多年草。オガルカヤの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

刈萱/刈茅の関連キーワード長野県長野市南長野北石堂町尾山 篤二郎太宰府[市]尾山篤二郎妙音比丘尼傍ら臥ししがう石動丸しだく室草可夜加夜

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android