コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初瀬山 ハツセヤマ

デジタル大辞泉の解説

はつせ‐やま【初瀬山】

奈良県桜井市初瀬(はせ)にある山。[歌枕]
「―今日もかぎりとながめつつ入相の鐘に秋ぞ暮れぬる」〈金槐集・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はつせやま【初瀬山】

初瀬付近の山。⦅歌枕⦆ 「つのさはふ磐余いわれも過ぎず-/万葉集 282

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初瀬山の関連キーワード奈良県桜井市初瀬大和青垣国定公園長谷寺温泉入相の鐘近衛信尹三輪山

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android