コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制詞 セイシ

大辞林 第三版の解説

せいし【制詞】

戒めのことば。
制の詞ことば 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

制詞
せいし

中世の歌道で使用を禁制している歌句。たとえば、「吉野山花のふるさと跡絶えて空しき枝に春風ぞ吹く」(新古今集、藤原良経(よしつね))、「消えわびぬうつろふ人の秋の色に身をこがらしの森の下露」(同、藤原定家(ていか))、「立ちかへりまたも来て見む松島や雄島の苫屋(とまや)波にあらすな」(同、藤原俊成(しゅんぜい))などでの下線部の歌句のように、比較的近い時代の歌人が創始した、特色ある優れた表現を「主(ぬし)ある詞(ことば)」とし、また一時期流行した「心ちこそすれ」「吹くあらしかな」などの気の利いた表現をもこれに準じて、それらの使用を禁じた。藤原為家(ためいえ)の歌論書『詠歌一体(えいがいってい)』や慶融(けいゆう)の『追加』などにまとめて掲げられている。その背後には、個性的表現の安易な模倣、乱用が作品をかえって陳腐なものに堕さしめることへの警戒心があったと考えられるが、自由な表現を拘束する結果ともなった。なお、不吉な表現は禁忌の詞とよばれ、とくに宮廷周辺では避けねばならないとされるが、制詞とは区別される。[久保田淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

制詞の関連キーワード松永六郎右衛門近来風体抄藤原為家久保田淳戸田茂睡山中新六愚問賢註制の詞ことば梨本集井蛙抄今川状戒め

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android