コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

余計 ヨケイ

2件 の用語解説(余計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よ‐けい【余計】

[名・形動]
物が余っていること。必要な数より多くあること。また、そのさま。余り。余分。「一人分切符が余計だ」
普通より分量の多いこと。程度が上なこと。また、そのさま。たくさん。「いつもより余計に食べる」「人より余計な苦労をする」
必要な度を超えてむだなこと。また、そのものや、そのさま。「余計なことまでしゃべる」「余計なお世話だ」
[副]程度・分量がさらに増すさま。もっと。なおさら。「前より余計痛くなった」「そんなことを聞くと余計心配になる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よけい【余計】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
必要以上にあって邪魔だったり不用だったりする・こと(さま)。 「 -な手間をかける」 「 -な物は捨てる」
普通より多いこと。普通より程度が上であること。また、そのさま。 「人より-に働く」
物があまること。一定の数量より多くあること。また、そのもの。あまり。 「金銀に-なく/浮世草子・永代蔵 4
( 副 )
に同じ。 「考えるほどに-わからなくなる」
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

余計の関連情報