コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加久藤盆地 かくとうぼんち

2件 の用語解説(加久藤盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加久藤盆地
かくとうぼんち

真幸 (まさき) 盆地ともいう。宮崎県南西部,えびの市西部にある盆地。東西約 15km,南北約 3kmの細長い盆地で,北側を川内川が西流している。江戸時代には日向 (ひゅうが) ,肥後,薩摩を結ぶ交通の要地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加久藤盆地
かくとうぼんち

宮崎県南西部、霧島山(きりしまやま)北麓(ほくろく)にある盆地。真幸(まさき)盆地ともいう。霧島火山の旧期活動で形成された標高約200メートルのカルデラ性盆地で、川内(せんだい)川流域に位置する。盆地北部、西部は矢岳(やたけ)高原とそれに続くカルデラ壁で、南部は霧島山、東部は丘陵で小林盆地と境する。盆地内は川内川の沖積地が発達し、県内でも有数の産米地である。行政的にはえびの市に含まれ、加久藤、京町(きょうまち)(真幸)、飯野(いいの)の3地区からなる。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の加久藤盆地の言及

【えびの[市]】より

…人口2万5872(1995)。市域の中心を東西約20km,南北約5kmの細長い形の加久藤盆地(真幸盆地ともいう)が占め,盆地内を川内(せんだい)川が西流する。同市飯野地区の木崎原は中世の日向において,伊東氏と島津氏が決戦した古戦場で,この戦い以後伊東氏は衰退,島津氏は日向支配のきっかけをつかんだ。…

※「加久藤盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加久藤盆地の関連キーワード真幸くえびの[市]宮崎県えびの市島内宮崎県宮崎市山崎町宮崎県宮崎市山崎町石神宮崎県宮崎市山崎町折口宮崎県宮崎市山崎町新切宮崎県宮崎市山崎町浜川宮崎県宮崎市山崎町宮下玉松真幸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone