コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加久藤盆地 かくとうぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加久藤盆地
かくとうぼんち

真幸 (まさき) 盆地ともいう。宮崎県南西部,えびの市西部にある盆地。東西約 15km,南北約 3kmの細長い盆地で,北側を川内川が西流している。江戸時代には日向 (ひゅうが) ,肥後,薩摩を結ぶ交通の要地。盆地内は火山灰は少く良質の米を産する。酪農も発達。京町温泉吉田温泉矢岳高原県立自然公園などがあり,休養地,行楽地としても親しまれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加久藤盆地
かくとうぼんち

宮崎県南西部、霧島山(きりしまやま)北麓(ほくろく)にある盆地。真幸(まさき)盆地ともいう。霧島火山の旧期活動で形成された標高約200メートルのカルデラ性盆地で、川内(せんだい)川流域に位置する。盆地北部、西部は矢岳(やたけ)高原とそれに続くカルデラ壁で、南部は霧島山、東部は丘陵で小林盆地と境する。盆地内は川内川の沖積地が発達し、県内でも有数の産米地である。行政的にはえびの市に含まれ、加久藤、京町(きょうまち)(真幸)、飯野(いいの)の3地区からなる。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の加久藤盆地の言及

【えびの[市]】より

…人口2万5872(1995)。市域の中心を東西約20km,南北約5kmの細長い形の加久藤盆地(真幸盆地ともいう)が占め,盆地内を川内(せんだい)川が西流する。同市飯野地区の木崎原は中世の日向において,伊東氏と島津氏が決戦した古戦場で,この戦い以後伊東氏は衰退,島津氏は日向支配のきっかけをつかんだ。…

※「加久藤盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加久藤盆地の関連キーワードえびの[市]えびの(市)真幸盆地カルデラ加久藤飯野

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android