コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林盆地 こばやしぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林盆地
こばやしぼんち

宮崎県南西部,大淀川支流の岩瀬川上流域にあり,小林市域の中心をなす東西約 10km,南北約 8kmの盆地。盆地の最低部は標高 150m。周辺の標高 300m内外のところは火山灰台地で,それ以上は山地につながっている。岩瀬川の支流の浜ノ瀬川は三ノ宮峡や陰陽石の奇岩で有名。沖積地では良質米を産し,台地上では畑作酪農が行われる。気候は内陸性で,霜柱が深い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こばやしぼんち【小林盆地】

宮崎県南西部にある盆地。中心都市は小林市。盆地の形成は姶良(あいら)火山や霧島火山の活動と関連しているという。盆地は東西約15km,南北約10km,盆地底は西部で標高200m,東部で150mである。盆地周辺には標高300m内外のシラスや礫(れき)層の台地があり,盆地底とは急斜面をなす。北部は九州山地,南部は霧島火山群に連なり,東部および西部は都城盆地,加久藤(かくとう)盆地との間に低い丘陵性の山地がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕小林盆地(こばやしぼんち)


宮崎県南西部、小林市を中心とする盆地。東西約13km、南北約8km。盆地床の標高約170~230m。北部は九州山地、南部は霧島(きりしま)山北部の夷守(ひなもり)岳(標高1344m)、東と西は低い丘陵に囲まれる。盆地内には低い火山灰台地が点在する。盆地床では良質米が産出され、丘陵地では畑作・酪農が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林盆地
こばやしぼんち

宮崎県南西部、小林市を中心とする盆地。北部は九州山地、南部は夷守(ひなもり)岳(1344メートル)、東西は丘陵に囲まれ、シラス台地面が広く分布する。岩瀬(いわせ)川(大淀(おおよど)川支流)の支流石氷(いしごおり)川、浜ノ瀬(はまのせ)川、辻ノ堂(つじのどう)川が台地を深く侵食する。盆地は沖積扇状地とシラス台地からなり、表層は霧島(きりしま)火山灰に覆われる。牧畜、畑作が盛んで、霧島山麓(さんろく)の湧水(ゆうすい)を利用する淡水魚養殖や焼酎(しょうちゅう)醸造業もある。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小林盆地の関連キーワード宮崎県小林市鹿児島(県)加久藤盆地小林[市]小林(市)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android