コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林盆地 こばやしぼんち

4件 の用語解説(小林盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林盆地
こばやしぼんち

宮崎県南西部,大淀川支流の岩瀬川上流域にあり,小林市域の中心をなす東西約 10km,南北約 8kmの盆地。盆地の最低部は標高 150m。周辺の標高 300m内外のところは火山灰台地で,それ以上は山地につながっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こばやしぼんち【小林盆地】

宮崎県南西部にある盆地。中心都市は小林市。盆地の形成は姶良(あいら)火山や霧島火山の活動と関連しているという。盆地は東西約15km,南北約10km,盆地底は西部で標高200m,東部で150mである。盆地周辺には標高300m内外のシラスや礫(れき)層の台地があり,盆地底とは急斜面をなす。北部は九州山地,南部は霧島火山群に連なり,東部および西部は都城盆地加久藤(かくとう)盆地との間に低い丘陵性の山地がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕小林盆地(こばやしぼんち)


宮崎県南西部、小林市を中心とする盆地。東西約13km、南北約8km。盆地床の標高約170~230m。北部は九州山地、南部は霧島(きりしま)山北部の夷守(ひなもり)岳(標高1344m)、東と西は低い丘陵に囲まれる。盆地内には低い火山灰台地が点在する。盆地床では良質米が産出され、丘陵地では畑作・酪農が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林盆地
こばやしぼんち

宮崎県南西部、小林市を中心とする盆地。北部は九州山地、南部は夷守(ひなもり)岳(1344メートル)、東西は丘陵に囲まれ、シラス台地面が広く分布する。岩瀬(いわせ)川(大淀(おおよど)川支流)の支流石氷(いしごおり)川、浜ノ瀬(はまのせ)川、辻ノ堂(つじのどう)川が台地を深く侵食する。盆地は沖積扇状地とシラス台地からなり、表層は霧島(きりしま)火山灰に覆われる。牧畜、畑作が盛んで、霧島山麓(さんろく)の湧水(ゆうすい)を利用する淡水魚養殖や焼酎(しょうちゅう)醸造業もある。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林盆地の関連キーワード白石盆地宮崎県小林市須木下田宮崎県小林市須木中原宮崎県小林市堤宮崎県小林市水流迫宮崎県小林市東方宮崎県小林市細野宮崎県小林市本町宮崎県小林市真方宮崎県小林市南西方

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone