コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加栗山遺跡 かくりやまいせき

世界大百科事典 第2版の解説

かくりやまいせき【加栗山遺跡】

鹿児島市川上町加栗山にある遺跡。先土器時代と縄文時代早期の遺跡,中世山城が,それぞれ火山灰の間層を置いて重なっている。鹿児島市の北7km,甲突川の支流にのぞむ比高80mの舌状台地上にある。1975,76年の鹿児島県教育委員会の発掘で,台地上東西70m×南北150mの上面に3区画の中世城跡,その下から17基の竪穴住居,多数の土壙や集石遺構を伴う縄文時代早期の遺跡が検出された。縄文時代遺跡の下に5層の間層があってその下から細石器と大きな石皿状の加工台や石槌を伴う38ヵ所の石器の群が台地全面にみられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android