助業(読み)じょごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

助業
じょごう

仏教用語。浄土教でいう,阿弥陀仏の極楽浄土に生れるための修行である五正行のうち,阿弥陀仏の名を称える称名 (しょうみょう) を除いた他の四正行をいう。具体的には,「浄土三部経」などを読誦すること,阿弥陀仏を瞑想すること,阿弥陀仏を敬い拝礼すること,および賛嘆供養することをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょごう【助業】

〘仏〙 正行しようぎようのうち、称名念仏を除いた読誦どくじゆ・観察・礼拝・賛嘆供養をいう。 ⇔ 正業

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょ‐ごう ‥ゴフ【助業】

〘名〙 仏語阿彌陀仏を対象として行なう正行のうち、正定業である称名念仏を除いた読誦・観察・礼拝・讚歎供養の四つをいう。
※選択本願念仏集(1198頃)「助業者除第四口称之外以読誦等四種而為助業

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助業の関連情報