コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助業(読み)じょごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

助業
じょごう

仏教用語。浄土教でいう,阿弥陀仏の極楽浄土に生れるための修行である五正行のうち,阿弥陀仏の名を称える称名 (しょうみょう) を除いた他の四正行をいう。具体的には,「浄土三部経」などを読誦すること,阿弥陀仏を瞑想すること,阿弥陀仏を敬い拝礼すること,および賛嘆供養することをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょごう【助業】

〘仏〙 正行しようぎようのうち、称名念仏を除いた読誦どくじゆ・観察・礼拝・賛嘆供養をいう。 ⇔ 正業

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android