コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助法 ジョホウ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐ほう〔‐ハフ〕【助法】

中国、殷(いん)代の土地制度井田法で1区当たり70畝を9区に分け、外部の8区を私田として8家に分給し、中央の公田を8家に協力耕作させ、その収穫を官に納入させる制度。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょほう【助法】

手続法のこと。実体法を助ける法であるところからいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

助法の関連キーワード自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン自然災害ガイドラインに基づくローン減免制度経済協力局[アメリカ合衆国]民間賃貸住宅の借り上げ制度熊本県美里町の豪雨災害トルーマン・ドクトリン応急仮設住宅の基準額台風21号の集中豪雨相互安全保障計画民事法律扶助事業左衛門督局(1)避難所と仮設住宅相互防衛援助計画余剰農産物協定刑部卿局(1)平成18年豪雪藤原公子(1)災害対策基本法台風21号豪雨ロッキード事件

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助法の関連情報