コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井田法 セイデンホウ

5件 の用語解説(井田法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいでん‐ほう〔‐ハフ〕【井田法】

井田

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

井田法【せいでんほう】

中国で周代に行われたとされ,孟子などの儒者によって理想化された土地制度。1里(約400m)四方(約17ha)の田を井字形に9等分し,周囲の8区画を8家に与え,中央の1区画を公田として共同耕作の上,その収穫を納めさせたもの。
→関連項目加藤繁均田法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいでんほう【井田法 Jǐng tián fǎ】

中国で古代の聖人の治世に行われた理想的土地制度と目された田制。前4世紀の孟子は滕(とう)の文公に説いて,〈夏后氏は五十にして貢し,殷人は七十にして助し,周人は百畝にして徹す。その実は皆什の一なり〉という3代の土地税役制の認識に立ち,《詩経》小雅大田の〈我が公田に雨ふり,遂に我が私に及べ〉の句を念頭において,〈方里にして井し,井は九百畝,その中は公田。八家皆百畝を私し,同じく公田を養う。公事畢(おわ)りて然る後敢て私事を治む〉制を勧めている(《孟子》滕文公上)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいでんほう【井田法】

中国、周代に行われたと伝えられる土地制度。「孟子」によれば、一里四方の土地を井字形に九等分し、中央の一区を公田、周囲の八区を私田として八家に与え、公田は八家が共同耕作し、その収穫を租として国に納めさせたという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井田法
せいでんほう

中国、周代に行われたと伝えられる土地制度。正方形の耕地を「井」字形に区画したところから名づけられ、『孟子(もうし)』に初めてみえる。一里(約400メートル)四方の土地を「井」字形に九区分すると、一区画が100畝(ぽ)(約1.8ヘクタール)となる。周囲の八区画は八戸の家がそれぞれ「私田」として耕し、中心の一区画を「公田」として八戸共同で耕して、為政者にその収穫を納入する。孟子は、この100畝の耕地のほかに五畝の宅地を民に保証し、「恒産(こうさん)」をもたせることによって、民に「恒心(こうしん)」あらしめようとした。
 井田法は、儒家的な政治理想を説いたものにすぎないとする説と、実際に施行された土地制度とみる説とがある。後者の場合には、秦(しん)の商鞅(しょうおう)の変法(前350)によって廃止されたと考えられている。[小倉芳彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井田法の関連キーワード呉楽卜筮五聖三聖先聖理想郷理想的諸聖人の祝日周期的土壌延喜・天暦の治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井田法の関連情報