嘉辰令月(読み)カシンレイゲツ

世界大百科事典 第2版の解説

かしんれいげつ【嘉辰令月】

早歌(そうが)(宴曲)の曲名。賀部に属する代表曲。《撰要目録》に作者名の記載はないが,明空(みようくう)の作詞,作曲によるといわれる。1301年(正安3)以前に成立の《宴曲集》巻二に所収。譜本は,尊経閣文庫,横道万里雄,神宮文庫などが所蔵。また三千院蔵の《宴曲集》巻一の追加二丁分の中にも所収される。〈嘉辰令月の曇り無き〉の句で始まり,優曇(うどん),浜木綿(はまゆう),浜荻,尾上の松や,玉津島,熊野,伊勢,高砂など,めでたい植物や地名がおりこまれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かしんれいげつ【嘉辰令月】

よい日とよい月。めでたい時節。 「 -の曇りなき御代に逢ひては/宴曲集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かしん‐れいげつ【嘉辰令月】

〘名〙 めでたい月日。めでたくよろこばしい時節。
※和漢朗詠(1018頃)下「嘉辰令月歓無極 万歳千秋楽未央〈謝偃〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる