劫火(読み)こうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劫火
こうか

仏教用語。仏教では,一世界が成立し,持続し,破壊して次にまた世界ができるまでの時期を4つに分けて,成劫住劫壊劫 (えこう) ,空としているが (→四劫 ) ,このうち破壊する時期である壊劫において,世界を焼きつくしてしまう火を劫火という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうか【劫火】

ごうか【劫火】

〔「こうか」とも〕
〘仏〙 世界が壊滅するときに、この世を焼き尽くしてしまうという大火。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごう‐か ゴフクヮ【劫火】

〘名〙 (「こうか」とも) 仏語。世界がくずれさるとき起こる、全世界を焼き尽くすという猛火。→壊劫(えこう)
※三教指帰(797頃)下「熟尋。峨峨妙高。崛漢。焼劫火。以灰滅」
※日蓮遺文‐撰時抄(1275)「劫火おこらん時、須彌の根より豆計りの火いでて」 〔仁王護国経‐下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android