コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劫火 こうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劫火
こうか

仏教用語。仏教では,一世界が成立し,持続し,破壊して次にまた世界ができるまでの時期を4つに分けて,成劫住劫壊劫 (えこう) ,空としているが (→四劫 ) ,このうち破壊する時期である壊劫において,世界を焼きつくしてしまう火を劫火という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐か〔コフクワ〕【×劫火】

《「ごうか」とも》仏語。世界が破滅する壊劫(えこう)の終末に起こり、世界を焼き尽くしてしまう大火

ごう‐か〔ゴフクワ〕【×劫火】

こうか(劫火)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうか【劫火】

ごうか【劫火】

〔「こうか」とも〕
〘仏〙 世界が壊滅するときに、この世を焼き尽くしてしまうという大火。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

劫火の関連キーワード傲・剛・劫・号・合・囂・壕・強・拷・業・毫・濠・號・豪・轟・郷ジョン ユンカーマングレッグ ベア天界の殺戮木村 武山不動立山木村武山ビダー荒地

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

劫火の関連情報