コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝諺蔵(3代) かつ げんぞう

2件 の用語解説(勝諺蔵(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝諺蔵(3代) かつ-げんぞう

1844-1902 明治時代の歌舞伎作者。
天保(てんぽう)15年5月生まれ。勝能進の子。3代瀬川如皐(じょこう)の門にはいり,浜彦助を名のる。明治9年立作者となる。11年父が能進と改名したとき,3代諺蔵を襲名。作品の数は父との合作もふくめて三百余。明治35年10月27日死去。59歳。江戸出身。本名は高田彦兵衛。作品に「二蓋笠柳生実記(にがいがさやぎゅうじっき)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勝諺蔵(3代)

没年:明治35.10.27(1902)
生年:弘化1(1844)
幕末明治期の歌舞伎狂言作者。本名高田彦兵衛。2代目諺蔵の子として江戸浅草に生まれた。3代目瀬川如皐に入門し,文久2(1862)年,浜彦助と名乗って中村座に初出勤。明治5(1872)年,大阪で勝彦助と改名,さらに11年に勝諺蔵を継ぎ,一時は竹柴姓を名乗ったが,勝姓にもどった。大阪で活躍した期間が長く,父と共に三百余種の作品を書いた。時事戦記物「西南夢物語」,新聞連載の実録小説を脚色した「廿四時改正新話」(「鳥追お松」),シェイクスピアの翻案脚色物「何桜彼桜銭世中」などが代表作。<参考文献>伊原敏郎『明治演劇史』

(諏訪春雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

勝諺蔵(3代)の関連キーワード曲芸正岡子規熱雲井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係勝諺蔵(3代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone